活動報告

令和3年度

9月 28日 港区立郷土歴史館にて山車人形が展示されます
9月 7日 山車展示場が完成しました

9月28日

港区立郷土歴史館にて山車人形が展示されます

 港区立郷土歴史館 特別展『人形‐人とともにあるもの』において、赤坂氷川山車保存会の山車人形「日本武尊」・「翁」・「頼義」3体と飾り幕1枚が展示されることとなりました。

 展示する3体の山車人形と飾り幕は、いずれも江戸時代後期に制作されており、幾多の戦災・震災を免れ奇跡的にこの地に遺された貴重な文化財です。

 巡行と展示の際、山車人形は山車の最上段に設置するため、間近でご覧いただけることが少なく、本展示会はその雄姿をじっくりとお楽しみいただけるまたとない機会となります。ご興味ございます方は、是非足をお運びいただきますようご案内申し上げます。

-----------------------------------------------

港区立郷土歴史館
特別展『人形 人とともにあるもの』

日  時:10月2日(土)~12月5日(日)
午前9時より午後5時
場  所:港区立郷土資料館(港区白金台4-6-2)
出展内容:人形『日本武尊』『翁』『頼義』
飾り幕『日本武尊 上幕』

-----------------------------------------------

*詳細・お問い合わせは港区立郷土歴史館様のHPをご覧いただくか、直接ご連絡いただきますようお願いします。
電話. 03-6450-2107
HP. https://www.minato-rekishi.com/

港区立郷土歴史館にて山車人形が展示されます

9月7日

山車展示場が完成しました

山車展示場が完成しました  予てより赤坂氷川神社境内に建設中の「山車展示場」が完成し、竣工式を厳粛に執り行いました。
 展示場には赤坂氷川山車を常時2本展示する予定です。

 現在は、全国的にも大変めずらしい三層型の山車「頼義(よりよし)」と、六角形の高欄(こうらん)を持つ「猿」を展示しております。
 ぜひ足をお運びいただきまして、間近で見る山車の大きさと赤坂に奇跡的に残された「江戸の祭文化」を肌で感じていただければ幸いです。

山車展示場が完成しました